世田谷区二子玉川にある税理士法人TAXQA代表ブログ

平成22年度税制改正大綱を読み解く 11

順次平成22年度税制改正大綱を読み解いてゆきたいと思います.

◆【第4章 平成22年度税制改正 2 個人所得課税】項目より


29ページ下より


生命保険料控除の改組、介護医療保険料控除の創設については新聞紙上等
で紹介されていることであるので割愛する。


34ページ下から13行目より


『保険法の制定により新たに第三分野の保険契約の類型が設けられ
たこと等を契機に、所得税関係の法令における「生命保険契約」及
び「損害保険契約」の範囲について明確化等を図ります(相続税、
贈与税及び法人税関係の法令並びに地方税関係の法令についても同
様とします。)。』

とある。



保険商品については種々の商品が発売されており
上記の明確化はよいことであると思う。

明確化したつもりがかえって不明確にならない
ように・・・・



42ページ中段


〈国民健康保険税〉

国民健康保険税の基礎課税額に係る課税限度額を50 万円(現行47
万円)、後期高齢者支援金等課税額に係る課税限度額を13 万円(現
行12 万円)に引き上げます。。。。。。。




今まで、健康保険等は『財務省』のHPに発表されている

税制改正の大綱には載っていなかったと記憶している。。。。



国民健康保険は地方税法703条の四にその根拠があると
されている。

詳細は不知であるが国民健康保険の管轄省庁は厚生労働省
にあるはずである。

政府税調へ税制改正の権限が一本化された影響であろう。


税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2009/12/31(木) 15:23:08|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二子玉川再開発

二子玉川再開発現場は本日より年末、年始の休みに入ったようである。

すっかり静かである。

P1000288.jpg

事務所棟を南東方向より望む。

税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2009/12/30(水) 23:01:32|
  2. 二子玉川 再開発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成22年度税制改正大綱を読み解く 10

順次平成22年度税制改正大綱を読み解いてゆきたいと思います.

◆【第4章 平成22年度税制改正 2 個人所得課税】項目より



26ページより



(1)諸控除の見直し

扶養控除等の見直しの具体的な内容については新聞紙上等で盛んに報道
されているので割愛する。




27ページ下から2行目より29ページまで




(2)金融商品税制

平成24 年から実施される上場株式等に係る譲渡益の税率の
10%から20%への本則税率化にあわせて、取得価格100万円までの株式等の
譲渡益等が非課税となる口座創設のについて・・・であるが・・・・


昨年度の
平成21年度税制改正大綱では


本措置の施行の日から5年内の各年において開設する
非課税措置の適用を受けるための口座(一の年につき一口座に限る。)


となっているが・・・


平成22年度税制改正大綱では


平成24 年から平成26 年までの各年において設定された
上場株式等の振替記載等に係る口座(1人につき1年1口座に限ります。)


となっている。。。。。。

わかりづらいが・・・ようは
5年が3年????マックス500万円が300万円へ
ということであろう。

話題にはほとんどなっていないが・・・

非課税措置の縮小である。



税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2009/12/30(水) 22:53:53|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成22年度税制改正大綱を読み解く 9

順次平成22年度税制改正大綱を読み解いてゆきたいと思います.

◆【第3章 各主要課題の改革の方向性 資産課税】項目より


20ページ上から13行目


『今後、格差是正の観点から、相続税の課税ベース、税率構造の見直し
について平成23 年度改正を目指します。』

としている。




平成23年・・・来年度の税制改正を目指すらしい・・・

基礎控除の縮小などが考えられるが・・・・

いずれにしても増税が予想される。



税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2009/12/29(火) 17:14:04|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成22年度税制改正大綱を読み解く 8

順次平成22年度税制改正大綱を読み解いてゆきたいと思います.

◆【第3章 各主要課題の改革の方向性 法人課税】項目より


18ページ下から11行目


法人地方税について『税源の偏在性が少なく、税収が安
定的な地方税体系の構築に向けて議論を進めます。』

としている。



偏在性が少なく、税収が安定的な地方税体系とは
どのような体系を意図しているのか現時点では不明であるが・・・


いわゆる外形標準化税の中小法人への導入を意図しているのではないかと
危惧している。



税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2009/12/29(火) 16:15:30|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成22年度税制改正大綱を読み解く 7

順次平成22年度税制改正大綱を読み解いてゆきたいと思います.

◆【第3章 各主要課題の改革の方向性 個人所得課税】項目より



16ページ下から3行目


『個人住民税の所得割は前年所得を基準に課税しているため、収入が前
年より大きく減少した人にとっては金銭的負担感が過重になります。納
税者、特別徴収義務者、地方自治体の事務負担を踏まえつつ、現年課税
化についても検討を行います。』


としている。



過度な事務負担なく住民税の現年課税の検討
はとてもよいことであると思う。

ただ、

現年課税とするには

現在の住民税の課税方法は賦課課税方式であり、
税の根本的な仕組みの変革をもたらす。

納税者の過度な事務負担なく
住民税の現年課税化は可能なのだろうか?


税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2009/12/28(月) 16:59:30|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成22年度税制改正大綱を読み解く 6

順次平成22年度税制改正大綱を読み解いてゆきたいと思います.

◆【第3章 各主要課題の改革の方向性 個人所得課税】項目より



15ページ下から9行目



【所得再分配機能の回復等の観点からの、給与所得控除の見直
しや、税率構造などの所得税改革にも取り組むこととします。】

としている。


上記の記載に目が留まった・・・・


給付付き税額控除の導入など方向性は民主党マニュフェストにほぼ
沿った形であるが・・・・


今回の税制改正大綱では給与所得控除の上限ばかりでなく
給与所得控除そのものの見直しともととれる文言が入っている。

給与所得控除の上限の見直しは記載があったが、
給与所得控除そのものの見直し、
所得税の税率構造の改革は民主党マニュフェストでは言及
していなかったと記憶している。

以上の2つは実施されれば増税となる。

特に給与所得控除そのものの見直しは
サラリーマン全体を敵に回す。

選挙で国民に信を問うべき大きな課題である。



税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2009/12/28(月) 16:55:05|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成22年度税制改正大綱を読み解く 5

順次平成22年度税制改正大綱を読み解いてゆきたいと思います.

◆【第3章 各主要課題の改革の方向性】項目より

11~12ページにかけて

(1)納税者権利憲章(仮称)の制定
(2)国税不服審判所の改革
(3)社会保障・税共通の番号制度導入
(4)歳入庁の設置
(5)罰則の適正化

以上の項目はほぼ民主党マニュフェストにそった方向性である。

(6)納税環境整備に係るPTの設置

『(1)納税者権利憲章(仮称)の制定、(2)国税不服審判所の
改革、(3)社会保障・税共通の番号制度導入、(4)歳入庁の設置、等
について、具体化を図るため、税制調査会の下にプロジェクト・チーム
(PT)を設置します。』


『特に、(1)(2)(3)については1年以内を目途に結論を出します。』

としている。


(1)納税者権利憲章(仮称)の制定
(2)国税不服審判所の改革
(3)社会保障・税共通の番号制度導入

について1年以内に目途を出すとしていることに注目している。

(1)納税者権利憲章(仮称)の制定
(2)国税不服審判所の改革

については少なくともよい方向へ向かうと考えられるが・・・・

(3)社会保障・税共通の番号制度導入

については国民的大議論が必要であり早急な結論は
国内を混乱させる。

まず「どんな納税者番号制」を考えているのか
試案の公表が待たれるところである。



税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2009/12/27(日) 13:51:30|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成22年度税制改正大綱を読み解く 4

順次平成22年度税制改正大綱を読み解いてゆきたいと思います.

◆【第2章 新しい税制改正の仕組み 1.新しい税制調査会の設置】項目より



現状の新税制調査会についてのコメントは先日も触れたので割愛する。


8ページ下より8行め


『税制の専門家として中長期的視点から税制のあり方に関して助言を行う専門家委員会を近日立ち
上げることとしています。』

としている。




民主党マニュフェストでも触れられているが、どのような専門家委員会となるか
また税理士会としてどのような人材を供給してゆくのか注目している。





◆【第2章 新しい税制改正の仕組み 2.「ふるい」租特透明化法(仮称)】項目より


10ページ下から11行め


『来年の通常国会において「租特透明化法(仮称)」の制定を目指します。租特透明化法(仮称)
では、法人税関係の租税特別措置について提出を求める「適用額明細書」を集計するなどの方法に
より租税特別措置の適用実態調査を行い、その結果を国会へ報告することなどを定めます。』

としている。


「適用額明細書」???法人税の申告書を見れば判るだろう!というのが
税理士の立場であるが・・・・

租税特別措置は隠れた補助金、隠れた歳出といった面は確かにある。

「適用額明細書」の具体的な内容が待たれるが、納税者にとって
税理士にとって過度の負担とならないよう希望している。




税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2009/12/26(土) 21:13:26|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成22年度税制改正大綱を読み解く 3

順次平成22年度税制改正大綱を読み解いてゆきたいと思います.

◆【第1章税制改革に当たっての基本的考え方 2・税制k改正の視点】項目より

5ページ下から3行目より

『納税者の立場に立ったとき、好ましい税制のあり方は、制度が公平で、
かつ、制度の内容が透明で分かりやすく、
その制度に基づいて納税することについて納得できるものである必要があります。』

とある。



当然の視点ではあるが、一つ非常に大切な視点が抜けている。

それは、税金の使われ方である。

国民の血である税金は、一滴の無駄なく使われなくてはならない。

国民が一滴の無駄なく税金が使われていると感じたならば

喜んで税金を納めるはずである。

国民も税金の使われ方について注視してゆかなくてはならない。




6ページ中段やや上

『税制改革と社会保障制度改革とを一体的にとらえて、その改
革を推進します。』

とある



社会保険料は税金と同じように強制徴収の対象となる。


社会保険料は病気をしなくても多額の保険料を負担させられており
税金と同じように具体的、個別的な反対給付を受けているとは限らない。

税金と社会保険は同一視でき、民主党政権の具体的な改革の方向性はまた
ふれるが、考え方としてはよい。



税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2009/12/25(金) 18:31:14|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成22年度税制改正大綱を読み解く 2

順次平成22年度税制改正大綱を読み解いてゆきたいと思います.

◆【第1章税制改革に当たっての基本的考え方 1・税制の現状について】項目より

5ページ中段

『構造的な財政赤字は、現行税制が税における「十分性の原則」、すなわち社会保
障などの必要な財政需要を賄うのに必要な租税収入を確保すること、を
満たせなくなっていることを示しています。』となっている。





民間企業では業績が落ち込めば資産売却や、人員の削減等血のにじむような
努力をしなければ、立ち行かなくなる。



私の目には国家はまだまだ余裕しゃくしゃくに写る。


国民の公僕として、一生懸命働いている公務員の方もたしかにいらっしゃいます。
しかし、ブラブラと親方日の丸根性が染み付いた方も多々おられる。
まず、こうしたブラブラしている公務員の一掃が先決


また、国家は膨大な土地等の資産を保有している。
資産売却や霞ヶ関の一等地等の有効活用など、懸命に考えれば
いくらでも知恵は出てくるはずである。


国家の貸借対照表も作らずに、足りない!足りない!と
小遣いはいくらあっても足りないのと同じ!
財務省の宣伝に踊らされてはならない!



税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。


テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2009/12/25(金) 11:07:34|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成22年度税制改正大綱を読み解く 1

順次平成22年度税制改正大綱を読み解いてゆきたいと思います。

◆表紙平成22年度税制改正大綱の
副題として『納税者主権の確立へ向けて』とついている。


例年このような副題はついていなかったと記憶しているが。。。
副題の趣旨はよい。






◆【経済・社会構造の変化】項目より
1ページ下から2行目
『現下の経済動向を見ると、景気は、持ち直してきていますが・・・・・』となっている。


政府の認識は甘すぎる・・・
現実は、2番底の恐怖で夜も眠れない状況である。






◆【これまでの政府の対応】項目より
2ページ下から18行目
『税制改正も、決定過程が極めて不透明であり、結果として一
部の人や組織に恩典を与えているのではないかという、納税者の立場か
ら見て公平性が大いに疑われるような形になってしまいました。』となっている。


今回の税制改正決定過程も最終段階で民主党の意見を丸呑みした形で
あり、不透明感は残る・・・・
 しかし、税制改正大綱でまったく聞いたこともない項目が突如もりこまれ
なくなったので一歩前進といったところでしょうか?




◆【構造変化への対応・新たな国づくり】
◆【政府への信頼の回復・国民不安の解消】項目より
3ページ・4ページ


新聞紙上でも盛んに叩かれているように・・・
コンクリートから人へのキャッチフレーズは判るが・・・
新たな成長戦略が明確でない。


税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2009/12/24(木) 12:29:13|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

税理士菊地和仁

Author:税理士菊地和仁
税理士法人TAXQA
世田谷区玉川2-14-9ツインシティーH402
二子玉川駅徒歩2分
TEL03-3707-8416 
FAX03-3707-8417

TAXQA代表の生い立ちなど
神奈川県茅ケ崎市にて生まれる

 随分と難産だったようである、父親はもうなくなって10年以上たつが、母はまだ元気に健在だ、実家は神奈川県茅ケ崎市浜須賀である。海まで歩いて5分程で皆に良いところに住んでいるといわれるが、茅ケ崎の海岸はほとんど遊泳禁止で泳ぐことはできない、とはいってもサーファーはお構いなしで何十人も海に入って波待ちをしている。彼らは真冬でも全然平気である。


神奈川県立平塚江南高校入学
 高校時代は「やればできる」が口癖であったが、勉学にいそしむことはまったくなし、全学年405人の学生がいたが成績順位は380番前後に低迷・・・・・ただよき友人?に恵まれ、勉強以外は充実した日々であった。今でも年数回友人と酒を酌み交わしている。
 学生時代は弁論部に所属していた・・・論壇に立たず弁論をしない弁論部として有名であったが、討論はよくやっていた。私は高校時代弁論部に所属していたことを誇りに思っている。
 税理士としていわゆる「お上」と理屈を戦わせるときこの弁論部で養った反骨精神が大いにはっきされている。
 将来は国民や都民、県民、市民、区民、町民、村民が納めた貴重な税金を有効に効率よく使用できるよう○○議員に立候補したいと密かに思っている。
 「男女間で友情は成立するか?」なるテーマで学園祭の時公開討論会を開催したことがあるが、学生はもとより父兄や先生をも巻き込んで大盛況であった、何時になっても、何歳になっても「男と女」の問題に勝る重要な問題はなしか・・・・・・


明治大学商学部商学科入学
 大学時代は野球部の顧問でもあった山口孝先生に学び?「経営分析」のゼミナールに所属し、総資本利益率がどうの・・・当座比率がどうの・・・と、今でこそ専門分野であるが当時はさっぱりわからず・・・・
 山口先生ご迷惑をおかけしました。もう今となっては時効だが「ゼミの卒論を書かずに卒業」というのも、当時はまだ国鉄時代でストライキのおかげで授業が中止となり救われました。大学時代は多種なアルバイトをやりましたな・・・・・
 そんな中でも一番長く勤まったのが資材運搬のトラックの運転、女性とは全く縁のないバイト先でも、先輩諸氏や取引先に可愛がってもらいました。そこでよかったのは2トン車のロングボディーを運転したこと2トンのロングだと外輪差があるんですな・・・
外輪差とは車のハンドルを切ると車の後部がハンドルを切った方と反対側に車両がブレルこと・・・運転したことがない人にはなかなか判りずらいか・・・・・

株式会社アマダ入社
 工作機械メイカーでも日本有数の優良会社として知らせている。「知られていた」、といった方が良いかもしれない、私がお世話になっているころは無借金経営の財務体質バツグンの会社として知られていた・・・・今は有価証券報告書を見ると借入金なる項目が載っている。
 この株式会社アマダで私は三次元測定機なるものの営業マンを4年、NC付きターレットパンチプレスなるものを3年半売っていたのである。アマダの営業マンはコミッション、いわゆる歩合の営業マンである。
 今月は売れた売れたと喜んだのもつかの間直ぐに月初会議、「今月の予定は・・・・」と上司から厳しく叱咤激励が・・・ なかな辛いもんでした・・・・
 今は独立して事務所を持つと怒られることがなくなる・・・自分で自分を叱咤激励し、戒めております。
 厳しく激しく叱咤激励してくれた上司とは、みなさん大変嬉しいことに会社をやめ 全 く別の道を歩んでいるにもかかわらず、今だに「菊地元気でやってるか?」と声を掛けて下さいます。 私が「苦節7年」ようやく税理士試験に合格した時は、アマダ退社後7年も経っていながら、合格祝いを開催して下さいました。感謝に耐えません。 アマダ在職中はいろいろな土地へ転勤を命じられ、浜松営業所、豊田営業所、小山営業所、静岡営業所、川口営業所と・・・・・その土地、その土地で「大恋愛」といけば良いのですが・・・・とんと縁がなく、仕事一筋でしたな・・・・・・
 
営業マンから税理士めざし大転換
 アマダ時代機械をお客様のところへ売り込みに行き、何度も足を運び機械を導入するかどうかもう一押しといったとき、「顧問の税理士に相談してみる」と言う社長が何人かおられた。売り込む方としては「早く決めて欲しい」と切実に思ったものであるが、当時は営業マン会社を外からしか見ることはできない・・・・残念ではあったが潔く退散・・・
 営業マン時代でもこの機械を導入して何とか会社が発展して欲しいと願ったものだが。見れるのはあくまで外観、中からも見てみたい・・・・
 中からみることができれば本当の意味で会社の発展に貢献できる・・・
そんなこんなでとりあえずの気持ちで税理士資格取得を目指すことに
 とりあえづが地獄を見ることに・・・・
 いや自分で言うのもなんですが・・・「働きながらの受験勉強は辛かったですね・・・ホントに」でも今はいい思い出です。

会計事務所、コンサルティング会社で独立目指し実務を習得
 実務の習得のためさまざまなケースにチャレンジ、転職も随分しました。
 中でも渡辺俊之元公認会計士協会常務理事の事務所では通算で5年程お世話になりました。会社の設立から公開目指す会社まで大小さまざま・・・相続税等の資産税も随分てがけましたね。一番税理士として面白い業務はやはり相続、や譲渡等の資産税関連でしょう。

 また、山田淳一郎先生の事務所にもお世話になりました。我々の業界では知らぬ者はいない伝説の人、100人からの事務所メンバーがいる東京では大事務所です。所属は㈱東京ファイナンシャルプランナーズという現へラクレス公開会社。㈱東京ファイナンシャルプランナーズはいわゆるFP業務の会社です。FP業務についても勉強させてもらいました。

 異色の勤務先は㈱船井財産コンサルタンツという財産管理会社、これまた知る人は知る船井幸雄先生が率いるコンサルタント会社㈱船井総合研究所の財産管理専門会社です。不動産税務をはじめ資産家の財産管理についてよい経験になりました。

 その他小さな会計事務所も経験させてもらいました。

みなさま本当に感謝しております。

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する