世田谷区二子玉川にある税理士法人TAXQA代表ブログ

6月

菊地が尊敬する現代の経営者の一人鈴木敏文氏

140331_094658.jpg

消費税8%増税に対し平時に戻るか6月見極めとし
4月以降は消費喚起のための価格競争が起きるだろうとしている。

そして

我々が今回、価格競争に加担する気持ちはさらさらない!

価格と価値の競争で軍配が上がるのは価値だと確信している。


と述べている。正にその通りだ!

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2014/03/31(月) 09:56:49|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

政治資金収支報告書

野党の党首がトータルで8億円の借入・・・
政治資金収支報告書不記載疑惑が・・・・

政治資金収支報告書は複式簿記に基づき
記載し、貸借対照表も開示すべき!

複式簿記により記載をし貸借対照表も
公表していれば
政治資金収支報告書不記載疑惑など
生じる余地は極端に少なくなる!

なぜ複式簿記の仕組みを採用しないのか
理解不能!
単純にごまかしたいと思っている
としか考えようがない!

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2014/03/30(日) 14:00:22|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

面子

国家の面子とはこれほど恐ろしいものか!袴田事件・・違法不当逮捕から48年

判決文の中で
「重要な証拠が捜査機関に捏造された疑いがある」
「拘置を続けることは耐え難いほど正義に反する」
と指摘している。

税務行政の世界でも国家の面子は存在する。

渡辺洋三元東京大学名誉教授は行政法の解釈について次のように述べおられる。

「徴税の確保とか、犯罪捜索とか、国家目的を容易に実現するという観点から見たら
基本的人権の尊重は邪魔になるのである。その観点からいえば法律などいらないかもしれない。
法律の目的と行政の目的は違うだけでなく相反的である。法律による行政はむしろ
行政をやりにくくするところに主眼があるのである。したがって行政法の解釈も、
行政をやりにくくするような方向で解釈されねばならない。それが、行政を法律でしばる、
行政を法に従属させるということの本当の意味であり、行政法解釈の根本原則であろう。」
(『法社会学研究1・現代国家と行政権』、東京大学出版会、1972年、63ページ)。

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2014/03/28(金) 10:18:17|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

消費税増税後

140323_110338.jpg

本日23日日経新聞トップ

消費税増税に対して影響は軽微であると考えている上場企業等の経営者が多いようです。

菊地の考えは

程度の差こそあれ4月~6月あたりの落ち込みはみな想定しているようです。
問題はその後・・・・日銀が何も動かなければ日本経済は底割れ状態に陥る。
しかし、できることは何でもやる!と豪語している黒田日銀は
激しい金融緩和 第2弾を繰り出してくるでしょう。
激しい金融緩和 第2弾発動から半年~1年程度の間は株価上昇、地価上昇
による資産価値上昇主導型の経済により
極端な底割れをするような落ち込みを防げる可能性が相当程度ある。

と思っています。海外情勢に極端な異変が起こらない限りという前提ですが・・・

しかし、政府や日銀が想定するような、物価上昇、賃金上昇による経済の好循環を
生み出すことができるか?菊地は一筋縄では行かないと思っています。
資産価値上昇主導型の経済はバブル経済と紙一重のようなもの、時間稼ぎにすぎません・・
時間かせぎをしている間に・・・・何をどうするのでしょうか??成長戦略?う~ん??
消費税増税の影響は永遠に続くのです。ズシンズシンとくるような消費税増税の
ボディブローにより徐々に徐々に日本経済は体力を消耗してゆくと言わざるを得ません。

消費増税の重い、重いボディーブローに打勝つには、政府など関係なく各企業が各個人が
新しい商品や技術、知識等を繰り出しきめ細かなサービスを提供すること、
全身全霊を賭け商売の王道に徹すること!


これしかない!菊地はそう思っています。

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2014/03/23(日) 15:50:38|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

配偶者控除廃止??

配偶者控除廃止検討を首相指示!との報道がなされている。

理由は配偶者控除は女性の社会進出を妨げており、社会進出を促すため

だそうだ!バカげている!
とにかく増税がしたい病ですな!財務省は!

社会進出を妨げているというなら配偶者控除拡大が筋
むしろ拡大した方が税収は増えるのでは・・・・

『配偶者控除が拡大!あなたもどんどん働いて税金を納めよう!』

キャンペーンはどうだろうか?明るくなる感じがしませんか?

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2014/03/21(金) 16:14:04|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3.11

本日3月11日 yahooで3.11と検索すると1検索あたり10円の寄付となるそうです。



早いものです。

原発なしでも日本は発展できる!と訴えた人がますが・・・

一言で片づけられる簡単、単純な問題ではありませんが・・・究極的には

原発なしこそ日本は発展できる!とそう菊地は思っています。

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2014/03/11(火) 11:28:31|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二子玉川 再開発

140306_151622.jpg

ホテル・事務所棟手前の再開発現場望む

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2014/03/06(木) 15:53:16|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

税理士菊地和仁

Author:税理士菊地和仁
税理士法人TAXQA
世田谷区玉川2-14-9ツインシティーH402
二子玉川駅徒歩2分
TEL03-3707-8416 
FAX03-3707-8417

TAXQA代表の生い立ちなど
神奈川県茅ケ崎市にて生まれる

 随分と難産だったようである、父親はもうなくなって10年以上たつが、母はまだ元気に健在だ、実家は神奈川県茅ケ崎市浜須賀である。海まで歩いて5分程で皆に良いところに住んでいるといわれるが、茅ケ崎の海岸はほとんど遊泳禁止で泳ぐことはできない、とはいってもサーファーはお構いなしで何十人も海に入って波待ちをしている。彼らは真冬でも全然平気である。


神奈川県立平塚江南高校入学
 高校時代は「やればできる」が口癖であったが、勉学にいそしむことはまったくなし、全学年405人の学生がいたが成績順位は380番前後に低迷・・・・・ただよき友人?に恵まれ、勉強以外は充実した日々であった。今でも年数回友人と酒を酌み交わしている。
 学生時代は弁論部に所属していた・・・論壇に立たず弁論をしない弁論部として有名であったが、討論はよくやっていた。私は高校時代弁論部に所属していたことを誇りに思っている。
 税理士としていわゆる「お上」と理屈を戦わせるときこの弁論部で養った反骨精神が大いにはっきされている。
 将来は国民や都民、県民、市民、区民、町民、村民が納めた貴重な税金を有効に効率よく使用できるよう○○議員に立候補したいと密かに思っている。
 「男女間で友情は成立するか?」なるテーマで学園祭の時公開討論会を開催したことがあるが、学生はもとより父兄や先生をも巻き込んで大盛況であった、何時になっても、何歳になっても「男と女」の問題に勝る重要な問題はなしか・・・・・・


明治大学商学部商学科入学
 大学時代は野球部の顧問でもあった山口孝先生に学び?「経営分析」のゼミナールに所属し、総資本利益率がどうの・・・当座比率がどうの・・・と、今でこそ専門分野であるが当時はさっぱりわからず・・・・
 山口先生ご迷惑をおかけしました。もう今となっては時効だが「ゼミの卒論を書かずに卒業」というのも、当時はまだ国鉄時代でストライキのおかげで授業が中止となり救われました。大学時代は多種なアルバイトをやりましたな・・・・・
 そんな中でも一番長く勤まったのが資材運搬のトラックの運転、女性とは全く縁のないバイト先でも、先輩諸氏や取引先に可愛がってもらいました。そこでよかったのは2トン車のロングボディーを運転したこと2トンのロングだと外輪差があるんですな・・・
外輪差とは車のハンドルを切ると車の後部がハンドルを切った方と反対側に車両がブレルこと・・・運転したことがない人にはなかなか判りずらいか・・・・・

株式会社アマダ入社
 工作機械メイカーでも日本有数の優良会社として知らせている。「知られていた」、といった方が良いかもしれない、私がお世話になっているころは無借金経営の財務体質バツグンの会社として知られていた・・・・今は有価証券報告書を見ると借入金なる項目が載っている。
 この株式会社アマダで私は三次元測定機なるものの営業マンを4年、NC付きターレットパンチプレスなるものを3年半売っていたのである。アマダの営業マンはコミッション、いわゆる歩合の営業マンである。
 今月は売れた売れたと喜んだのもつかの間直ぐに月初会議、「今月の予定は・・・・」と上司から厳しく叱咤激励が・・・ なかな辛いもんでした・・・・
 今は独立して事務所を持つと怒られることがなくなる・・・自分で自分を叱咤激励し、戒めております。
 厳しく激しく叱咤激励してくれた上司とは、みなさん大変嬉しいことに会社をやめ 全 く別の道を歩んでいるにもかかわらず、今だに「菊地元気でやってるか?」と声を掛けて下さいます。 私が「苦節7年」ようやく税理士試験に合格した時は、アマダ退社後7年も経っていながら、合格祝いを開催して下さいました。感謝に耐えません。 アマダ在職中はいろいろな土地へ転勤を命じられ、浜松営業所、豊田営業所、小山営業所、静岡営業所、川口営業所と・・・・・その土地、その土地で「大恋愛」といけば良いのですが・・・・とんと縁がなく、仕事一筋でしたな・・・・・・
 
営業マンから税理士めざし大転換
 アマダ時代機械をお客様のところへ売り込みに行き、何度も足を運び機械を導入するかどうかもう一押しといったとき、「顧問の税理士に相談してみる」と言う社長が何人かおられた。売り込む方としては「早く決めて欲しい」と切実に思ったものであるが、当時は営業マン会社を外からしか見ることはできない・・・・残念ではあったが潔く退散・・・
 営業マン時代でもこの機械を導入して何とか会社が発展して欲しいと願ったものだが。見れるのはあくまで外観、中からも見てみたい・・・・
 中からみることができれば本当の意味で会社の発展に貢献できる・・・
そんなこんなでとりあえずの気持ちで税理士資格取得を目指すことに
 とりあえづが地獄を見ることに・・・・
 いや自分で言うのもなんですが・・・「働きながらの受験勉強は辛かったですね・・・ホントに」でも今はいい思い出です。

会計事務所、コンサルティング会社で独立目指し実務を習得
 実務の習得のためさまざまなケースにチャレンジ、転職も随分しました。
 中でも渡辺俊之元公認会計士協会常務理事の事務所では通算で5年程お世話になりました。会社の設立から公開目指す会社まで大小さまざま・・・相続税等の資産税も随分てがけましたね。一番税理士として面白い業務はやはり相続、や譲渡等の資産税関連でしょう。

 また、山田淳一郎先生の事務所にもお世話になりました。我々の業界では知らぬ者はいない伝説の人、100人からの事務所メンバーがいる東京では大事務所です。所属は㈱東京ファイナンシャルプランナーズという現へラクレス公開会社。㈱東京ファイナンシャルプランナーズはいわゆるFP業務の会社です。FP業務についても勉強させてもらいました。

 異色の勤務先は㈱船井財産コンサルタンツという財産管理会社、これまた知る人は知る船井幸雄先生が率いるコンサルタント会社㈱船井総合研究所の財産管理専門会社です。不動産税務をはじめ資産家の財産管理についてよい経験になりました。

 その他小さな会計事務所も経験させてもらいました。

みなさま本当に感謝しております。

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する